本島北部エリア

今帰仁城跡

亜熱帯の豊かな森が広がる沖縄本島北部は山原(やんばる)と地元では呼ばれており、 国・県指定の天然 記念物が多く生息しており、貴重な動植物の宝庫でもあります。

また北部には多くの修学旅行生も訪れ年間270万人が訪れる人気観光地「沖縄美ら海水族館」や貴重な植物を鑑賞できる「熱帯ドリームセンター」などがあります。

美ら海水族館

沖縄の美しい海を再現した水族館。世界最大級の巨大なアクリルパネルの水槽「黒潮の海」では世界で初めてジンベエザメとナンヨウマンタの複数飼育に成功し ており、世界的にも有名な水族館です。

ヤンバルクイナ飛び出し注意

「やんばる」と呼ばれるエリアの 中で、国頭村、東村、大宜味村は 降水量が多く、湿度も高いことか ら、常緑の広葉樹林が多く、森に は多様な動植物の他、絶滅危惧種 も多く生息しています。

ヤンバルクイナ
ヤンバルクイナ

ここでしか見られない動植物が多いのも特徴で 国の天然記念物に指定 される 「ヤンバルクイナ」もそれにあたります。

ヒージャーオーラセー(闘山羊)

またやんばる地域は、動植物や気候、潮の干満等の中で生活が営まれ、文化が築かれてきたので、また沖縄といえども違った雰囲気を味わえると思います。

関連記事

  1. 闘牛

    本島中部エリア

  2. 首里城

    本島南部・那覇エリア

  3. 池間大橋

    宮古島エリア

  4. 水牛

    八重山エリア

カテゴリー

  1. 講演会

    千葉県立実籾高等学校で講演してきました

  2. 上野学園高校

    上野学園高等学校で講演してきました

  3. 講話記事

    山梨県立富士河口湖高等学校で講演してきました!

  4. 便利グッズ

    沖縄修学旅行に持っていった方が良いグッズ BEST3

  5. 池間大橋

    宮古島エリア